線ばね・板ばねを中心に各種スプリングの製造販売

製品紹介

線ばね

精密ばね専門メーカーとして、線材を加工し独自の開発力と技術力でと線径0.13.0mmを中心とした多種多様なばねを生産しています。
技術的要求レベルが高いばね成形にも積極的に取り組み、お客様の御要望にお応えします。
    

代表的な冷間材料  

硬鋼線

SW-A (40C)

SW-B (60C)

SW-C (80C) 

ピアノ線

SWP-A

SWP-B    
オイルステンパー線 

SWO-V

SWOC-V

SWOSC-V

SWOSM    
ステンレス鋼線 

SUS304-WPA

SUS304-WPB

SUS316-WPA    
銅線 C1100W-H    
リン青銅線 C5191W-H    
真鍮(黄銅)線 C2700W-1/2H    

※上記は代表的な材質例です。その他、材質に関しても承りますのでご相談ください。
 法規制等で禁止されている環境負荷物質は
使用しません。

圧縮コイルばね

ばねの中で最も身近で様々な用途で使われています。
圧縮される力に対して、戻ろうとする反発力を利用するばねです。お客様の要望に応じて材料選定から設計規格、技術 提案を致します。夜間無人稼働をすることでコストダウンを実現します。

引張コイルばね    

圧縮コイルばねとは逆に、引っ張り方向に荷重を受ける用途で使用されます。
コイルばねを密着巻にした時に、材料の間に生じる内力を利用し、少ないストロークで多くの荷重を得たい時に使用されます。
先端のフックには様々な形状があり、コストと用途に応じて設計アイディアをご提案します。

ねじりコイルばね

使用されるお客様の製品に合わせて両端部を設計し、ねじった時の反発力を利用するばねです。
組付方法や場所によって複雑な形状になるため、荷重計算が難しく難易度の高いばねです。設計段階からご相談下さい。
弊社では量産に対応可能な最新設備を導入し、常に新しい 技術に挑戦しております。

ワイヤーフォーミング

線材を3次元で自由自在に加工することで様々な複雑形状のばねの製作が可能となります。
板ばねのプレス加工では金型を要するのに対し、ワイヤーフォーミング加工では金型費用が不要、材料歩留り向上、納期短縮が実現できメリットは大きくなります。

薄板ばね(精密プレス品)

板厚t=0.1mm~1.5mmの製品を中心とした精密薄板ばねを生産しています。形状には定形がなく、一品一様の荷重、応力評価をする必要があります。様々なお客様からの課題に対し、コストダウンを 考慮した技術提案を積極的に行います。また金型は自社設計、製作となりますのでお客様の設計思想を正確に反映することが可能です。

代表的な冷間材料

ステンレス鋼帯    

SUS304 -BA2・BA5

SUS301-CSP -1/2H・3/4H・H・EH

SUS304 CSP -1/2H・3/4H・H

普通鋼

SPCC

SPCD
SPCE        
特殊鋼 炭素鋼

S60C

炭素工具鋼

SK85(SK5)

焼入れリボン鋼

-

ベイナイト鋼 BT60    

黄銅(真鍮)

C2600/2680
リン青銅 C5210
洋伯 C7701

※上記は代表的な材質例です。その他、材質に関しても承りますのでご相談ください。
 法規制等で禁止されている環境負荷物質は
使用しません。

板ばね

プレスマシンで、板材を抜き、曲げ、潰し加工したばねです。線材に比べ材料強度が高く、定形がないため設計の自由度は高くなります。深絞りに関しても技術、実績がありますのでご相談ください。
設計提案だけでなく、複雑な曲げ部分の耐久度などにまたついても蓄積データを基に計算が可能ですのでご相談ください。

 

マルチフォーミング